FC2ブログ

アロハ&ボンジュール Aloha & Bonjour !

駐在員の妻として、ハワイ6年・パリ6年、そして50過ぎのオバン留学生としてのハワイ2年間の滞在中のエピソードや、教育の違い・風習の違いから感じたことを書く思い出日記。
-別アーカイブ  [ 2012-02- ] 

カルチャーショック

2012/02/18 10:00 ジャンル: Category:ハワイとフランス
TB(0) | CM(0) Edit

ネットのニュースでアメリカの返品率の高さのことが
話題になっていた。

25年前のハワイで私もそれに驚いた記憶がある。
ハワイで英会話を教わっていた先生が
それまで何回も履いてきていた靴が合わないから
レッスンの帰りに返すと聞いて、びっくりした

靴とかちゃんと履いて買っているはずなのに
何回も履いた靴を返すという考えは
日本人にはないと思った。

新品のもの、タグが付き、買う前の状態に戻せるものでも
そうとう遠慮がちに返すという感じだった日本人としては
”なんでも返品”に抵抗がないアメリカ人にカルチャーショック!

最近,日本のスーパーで見かけた光景。
カートに入れたお菓子を開けたがる子供にママが優しく諭す。

”レジでお姉さんにピぃってしてもらって
ママがお金を払わないとあけてはいけないのよ。
おうちに帰ってから食べましょうね!”

それでこそ、日本人!

パリのスーパーで、お洒落な子連れママが
前にいた。2歳ぐらいの子供はフランス人形のように
可愛く、ママはそのまま雑誌のモデルにしたいぐらい。
しばし観察していると、なんとヨーグルトの売場で
ヨーグルトを選び、赤ちゃんを座らせ、そのヨーグルトを食べさせ始めた。
唖然・呆然
どんなにお洒落で素敵に見えたママも
それでがっくりしてしまう。

空になった容器をカートに入れて、結局お会計はするのだろうけれど
払う前に開ける,食べる・・・
量り売りの茹でた海老なども、むしゃむしゃ食べる大人も
しょっちゅう目にした。
払えばいいだろうと買うほうも売るほうも思っているのかな。

マナーにうるさいフランス人?どこが!
と始終心の中でつっこんでいた。
フランス・・・パリに憧れていた気分も
始終裏切られた気分になったことも
今では懐かしく思い出される。
フランスを懐かしむには・・・やっぱりララファビアン!↓




にほんブログ村 海外生活ブログ 海外帰国妻へ
両方クリック、嬉しいです!
スポンサーサイト




プロフィール

mmeapresmidi

Author:mmeapresmidi
50代前半・1夫1息子あり
 ↑
(きずいたら、50代後半どころか還暦に近くなっていた!)

海外TVドラマと雑貨と紅茶好き

コメント大歓迎!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
QRコード
QRコード