FC2ブログ

アロハ&ボンジュール Aloha & Bonjour !

駐在員の妻として、ハワイ6年・パリ6年、そして50過ぎのオバン留学生としてのハワイ2年間の滞在中のエピソードや、教育の違い・風習の違いから感じたことを書く思い出日記。

仙台いちご もういっこ

2010/03/17 14:19 ジャンル: Category:食べ物
TB(0) | CM(4) Edit

        


私が小さい頃のいちごは(今から50年以上前?だけれど)
苺用のスプーンでつぶしてお砂糖や牛乳をかけたり
練乳をかけて甘くして食べていた思い出があるが
この仙台のいちごは、何もつけなくてもとっても甘い。

あまおうより、とちおとめより、甘い!
そしてそのうえに安いのだ(399円)KYの西友さんで!

皆さん、スーパーでもし仙台のいちご”もういっこ”を見つけたら
絶対、買って食べるべし!

今朝のワイドショーでも、甘くない果物は売れないと言っていたが
日本で売られている果物は、どれも甘くて美味しい。

フランスに住んでいたとき、マルシェで買うフルーツは
すっぱい印象が強かった。
ミラベルという小さいすもも?みたいなのは
大好きだったけれど・・・

    d88942a7ce390914_convert_20100317150216.jpg

フランス人は甘酸っぱいものが好きなようだ。
なんかのテレビ番組で日本の蜜いりの林檎を食べたフランス人が
これはりんごじゃないと言っていたのを思い出す。
そして、美味しいっていわなかったのにはびっくりした。

ラ・フランスもフランスで食べたものより
圧倒的に、日本のスーパーで買うほうが美味しい。
帰国後、東京のスーパーで買うラ・フランスは高かったが
仙台では、いいのかしら思うほど安い。

朝、お店に行く前にスーパーのフルーツ売場を
眺めるのが楽しみな私である。


あひるをクリック、お願いいたします!



スポンサーサイト




対応の違い Part1

2010/03/15 12:33 ジャンル: Category:ハワイ
TB(0) | CM(2) Edit

ここ連日の愛子様報道を見ていて思い出したこと。

昔、ハワイの現地校でのこと。
習っている空手の型を友達の前で、
得意げに見せていた日本から来たばかりの子が
その場面を見た先生に校長室に連れていかれ
おまわりさんも呼ばれたらしい。
(学校のセキュリティ・ガードの見間違いじゃないかと私は思うのだが・・・)

その場で二度とやらないという誓約書にサインさせられて
日本から来たばかりの両親は
なにがなんだかわからなくて
パニックになったそうだ。

人にけがをさせるような可能性のある危険な行為に対しては
たとえ、型だけとはいえ、厳しく注意される。

日本に帰国後、息子が通っていた公立の中学の上級生のクラスで
首をしめられて、気を失った生徒に救急車を呼んだという事件があった。
その後の保護者会で父兄からそのことについて
質問された先生が、あわてておっしゃった言葉。

”プロレスごっこをしていて、悪気はなかったようです。
 その子に対するいじめではありません。”

前にいじめによる自殺者をだしていた学校だったので
先生達もおおごとにしないように
思わずそう言ったのだろうけれど・・・

”・・・ごっこ”ってつければ、許されるの?
”そんなことたいしたことない扱い”を先生がしちゃうの?
ってアメリカとは違う先生の対応にびっくりした私。

どこの国でもいじめはある。
どんな名門校でも、あるに決まっている。
でも対応の違いで、いじめられている子が救われることもあるのだ。


あひるをクリック、お願いします!



ところ変われば、洗濯事情や水も・・・

2010/03/04 11:27 ジャンル: Category:ハワイとフランス
TB(0) | CM(0) Edit

海外駐在中に、一時帰国などでたまに日本に帰ってくると
成田から都心に行く車窓から見える風景に
”日本に帰ってきたんだなあ”と実感することがあった。

それは、マンションのベランダにたなびく洗濯物。
てすりにかけられた布団軍団の風景だ。

ハワイのコンドでもパリのアパルトマンでも
洗濯物を外に干すことはできなかった。
乾燥機で仕上げるのである。

”建物の美観を守る”ということが住人のルールとして決められていて
ハワイで前に住んでいたコンドでは、セキュリティが双眼鏡で庭から
ラナイ(ベランダ)をチェックしていた。

大きなものを置いたり、ラナイに置いたリクライニングチェアーに
バスタオルを干しておいても、注意される。
自分の家でも外観の美観を保っていないといけないのだ。

最近は日本のマンションでも、ベランダのてすりより下に洗濯物を干すことに
決められているところもあるそうだ。
確かに素敵なマンションで、布団や洗濯物がたなびいている外観には
正直ちょっとがっかりするのでいいことかなと思う。

洗濯用洗剤と言うと、ハワイにもフランスにも黒物専用の洗濯用洗剤があった。
黒系のものをためておいて、まとめてその洗剤で洗っていたのだが
色褪せが少なくてよかった。

フランスの水は硬水で石灰質が多い水。
洗濯機と衣類のために、石灰質を分解するカルゴンという錠剤を
洗濯の度に入れるのを忘れると、白いものがグレーになってしまうのだ。
だから、飲料・調理用など、口に入れるお水はすべて
ミネラルウォーターのボルビックを使う。
そうそう、バドアという炭酸の入った水は食事のときにとても美味しかった。
炭酸によって、食欲が増進されるのだ。

そうか・・・だから太ったのかぁ~


励ましのクリックをお願いしまあす!




プロフィール

mmeapresmidi

Author:mmeapresmidi
50代前半・1夫1息子あり
 ↑
(きずいたら、50代後半どころか還暦に近くなっていた!)

海外TVドラマと雑貨と紅茶好き

コメント大歓迎!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
QRコード
QRコード