FC2ブログ

アロハ&ボンジュール Aloha & Bonjour !

駐在員の妻として、ハワイ6年・パリ6年、そして50過ぎのオバン留学生としてのハワイ2年間の滞在中のエピソードや、教育の違い・風習の違いから感じたことを書く思い出日記。

幼馴染とニックネーム

2009/11/29 15:00 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(2) Edit

中学からの友人が、東京から彼女のお友達たちと5人で
牡蠣小屋食べ放題の日帰りツアーの帰りに
お店に寄ってくれた。

今から40年以上前、旧姓が小川さんだった彼女は
とても可愛かったこともあり、当時の人気モデルの
小川ローザから”ローザ”というニックネームがついていた。
”オーオ、猛烈!”のCMのあの人だ。

お店でお買い物をしてくれているときに
私が彼女をローザと呼んでいることに
不思議そうな顔のお友達たち・・・

そりゃそうだよねぇ~
結婚後の子育て中に知り合ったお友達たちは旧姓を知らないから。
年代が違えば、小川ローザもしらないだろうし・・・

説明をする彼女に、お友達達が”これから”ローザ”って呼ぼうか?”
って言って、笑っていた。

うちのお店が ”近所にあったら、絶対毎日通っちゃう”とおっしゃってくれた皆様、
その折はありがとうございました!
また、東北観光がてら、お寄りくださいね。


あひるをクリック、お願いします!




スポンサーサイト




バイオニック・ワイフ?

2009/11/27 11:35 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(0) Edit

昨日はお店の定休日。

海外ドラマ好きの私は、TSUTAYAディスカスから送られたDVD三昧の日。
昔、リンゼイ・ワグナーの主演の”バイオニック・ジェミー”の大ファンだった私。
そのリメイク版の”バイオニック・ウーマン”を最近、見ているのだ。

本家のバイオニック・ジェミーを知らない夫に説明をしているうちに
昔のバイオニック・ジェミーを見たくなった。
そして、YOUTUBEで見ました!
リンゼイ・ワグナーの元祖”バイオニック・ジェミー”
そういえば、ハワイでTVのベッドかなんかのCMに
リンゼー・ワグナーが出ていて、年をとったけれど
相変わらず綺麗だなぁと思ったことを思い出した。

テレビを見ると、すぐその気になりやすい我が家。
何も改造されていないが、夫婦ゲンカにめっぽう強い私をバイオニック・ワイフ
と言う”バイオニック・ウーマン”のドラマにはまった主人であった。


あひるをクリック、お願いします。



料理教室(ハワイ&パリ編)

2009/11/16 11:33 ジャンル: Category:ハワイとフランス
TB(0) | CM(4) Edit

     j0407053_convert_20091109160722.jpg

この画像はクリップアートからの画像だが
ハワイでの料理教室の雰囲気はこんな感じで
とてもカジュアルだった。

ビーチに面した豪邸に住むアメリカ人の主婦の料理教室。
びっくりしたのは、まな板と包丁をほとんど使わなかった。
大活躍していたのは、電動缶オープナー。
(初めて見た私・・・ドンだけ、空けるんだ~!と思った。)

大きなボウルにザバっと缶を空けて、大きなボトルから
振り出す調味料、大きなオーブンにドンと入れて
ハイ、終わり!とダイナミックに作られたお料理のお教室だった。

そして試食のときは、カラフルな柄の紙皿と紙コップ。
お洒落な柄の使い捨ての皿やコップが安く買えるアメリカ。
だからハワイからパリへ戻るときの私のスーツケースの中身は
いつもバウンティのペーパーナプキンとパーティ用の紙皿やコップだった。

試食時は先生も輪の中に入り、ワイワイガヤガヤと最後には
料理教室というよりホームパーティのようになっていった。
食後は、これまた、人も入りそうな大きいゴミ袋に使ったお皿やコップを捨て
調理に使ったものは、お鍋も入る大きい食器洗い機にいれて
スイッチ・オンで終了という簡単さだった。


           パリで料理を習っていたマダムボージェルの本
              "母から娘へフランスのレシピ” より
                       

      DSCN2298_convert_20091115174350.jpg

マダムボージェルの料理教室は、前にもブログで書いたが
シャンゼリゼのアパルトマンの1室でおこなわれる少人数のお教室。
小さいまな板とプティナイフを渡され
丁寧に作られるお料理のお教室だった。

作った料理は季節ごとにお洒落にセッティングされたテーブルと
マダムの家に伝わるアンティークな食器で頂く。
マダムはワインやお料理をサーブすることに徹していて
一緒には席につかなかった。

食後は私達がコーヒーを飲んでいるときに
その時にあわせて来たメイドさんが
洗い物をしていたので、私達がすることは何もなかった。

こんなふうに料理教室にもお国柄の違いがあり
その違いが楽しかったなぁ・・・


あひるをクリック、お願いします!



料理教室 (日本編)

2009/11/09 14:42 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(0) Edit

   DSCN2229_convert_20091109171655.jpg

         DSCN2230_convert_20091109171727.jpg



日本で料理教室へ通った時のお話。

むかしむかし、まだ花の女子大生だった頃(およそ33年?ぐらい前)
親に言われて、素直な私は、
辻のクッキングスクールに通い始めた。

まわりは、料理好きなベテラン主婦のおば様たちで
ひとり場違いの私は、嫌々参加していた。
ほとんどの調理はおばさまたちがしてくれて
料理初心者の私はいつもあいたお鍋やお皿を洗っていた。

ある日、渋々なので、ついつい遅れていった私。
もうやることはなかったので
なんか少しだけ汁の入っていたお鍋を洗った。

一生懸命、調理をしていたおばさまたちが
”あれっ、ここにあっただし汁は?”と聞く。
”あっ、洗ってしまいました・・・”
すると、いっせいに冷たい視線。

慌てて、先生の助手のところに行ってもらってきて
ことなきをえたが・・・

それ以来、緊張感のたかまる料理教室。
母に言って、友人達と行くからといって、お教室を変えた。
2つ違いの姉は三笠会館のスクールに通っていたので
レシピを交換できたほうがいいよねということで
私と友人3人で東京會舘の料理教室に行った。

若い人達が多いクラスに入ったので
前のような緊張感はないし、オーブン料理などは
シェフが説明して、助手のコックさんたちがほとんど
仕上げたりすることも多かったので、ランチに行く感覚だった。

母は鎌倉山に月に1回、友人グループで料理教室に行っていた。
チーズケーキとカレーで有名なホルトハウス房子先生宅で。
時々、母の都合が悪くなると、代わりに参加したが
とても素敵なお宅の合理的に作られたキッチンと
先生の手際のよさと清潔さにいつも感動した。

次回のブログはハワイで1回だけ行った料理教室のお話し。


あひるをクリック、お願いします!





美味しいお土産!

2009/11/05 15:12 ジャンル: Category:食べ物
TB(0) | CM(0) Edit

      
               (ヴィヨンのパンフレットより引用 ) 

この間、姉と姉の友人達が作並温泉の紅葉とうちのお店を見に
東京から遊びに来てくれた。

その時、姉の友人のHさんとNさんに頂いたお土産のお菓子にびっくり!
世田谷の創作菓子のお店の”ヴィヨン”のバームクーヘン。
なんと洋梨の形をしたバームクーヘンの中に洋梨のゼリーが入っている。
この珍しくて美味しいお菓子は予約ができなくて、数作れないので
午前中に売り切れちゃうそうです。

貴重なお菓子ご馳走様でした!そして本当に有難うございました!



あひるをクリック、お願いします!





ブログを始めて1年

2009/11/01 16:32 ジャンル: Category:その他
TB(0) | CM(0) Edit

今日から11月・・・時のたつのは早すぎる。
若いときの1年と今の1年、絶対1年の速度が違うと感じるのは私だけ?

20秒前のことも忘れるのに、なぜか20年以上前のことはよく覚えている私が
ボケ防止のために去年のハロウィンの頃にブログを書き始めてから、もう1年。
あっという間のことだった。

ハロウィンと言えば、毎日のように行く西友のレジで、レジの人が
ハロウィンの飾りのカチューシャをしていた。
そして彼女を見つめる怪訝な顔をしているお年寄りのお客さんに
"私、頭おかしくなったわけじゃないんですよ~ハロウィンですから・・・”
でも”ハロウィンって?”って聞かれて答えに詰まっていた。

少し、照れくさそうにカチューシャをしている店員さんたち・・・
日本にもハロウィンという行事が製菓会社のもくろみ?とともに
バレンタインのように根ずいてきたようだ。

そして、今日も行くと、3階の売り場ではクリスマス用品が出ていた。
はやっと思って降りていくと、1階では年賀葉書も売り始めているし・・・
なにもかもが、前倒しで早くなってきた感じ。
これが1年が早く感じる原因のひとつかも・・・
年をとっただけじゃなく!


あひるをクリック、お願いします!





プロフィール

mmeapresmidi

Author:mmeapresmidi
50代前半・1夫1息子あり
 ↑
(きずいたら、50代後半どころか還暦に近くなっていた!)

海外TVドラマと雑貨と紅茶好き

コメント大歓迎!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
QRコード
QRコード