FC2ブログ

アロハ&ボンジュール Aloha & Bonjour !

駐在員の妻として、ハワイ6年・パリ6年、そして50過ぎのオバン留学生としてのハワイ2年間の滞在中のエピソードや、教育の違い・風習の違いから感じたことを書く思い出日記。

ハワイのバス

2008/10/31 18:38 ジャンル: Category:ハワイ
TB(0) | CM(0) Edit

DSCN1343_convert_20081031180724.jpg
ペーパードライバーであった私は、ハワイでもパリでも公共の交通機関を利用していた。
ハワイではほとんど友人達の車に乗せてもらってどこにでも行っていたが
皆と知り合う前の最初の頃や、都合があわないときにはバスに乗っていた。

ある日、バスに乗っていると、停留所ではないところのマクドナルドの前で、
バスが止まった。故障かしらと思っていると、
運転手さんが降りていって、マクドナルドへ入っていく。
トイレ?って思っていると、手にマックの袋を持って、鼻歌を歌いながら帰ってきた。
前のほうの席の人が、”今日のランチか?”なんて笑いながら聞いている。
乗客の誰も、文句なんか言わない。
日本だったら・・・と思ってびっくりしたが、そののんびりした雰囲気がとても暖かかった。

何年か前に、日本で遅れを取り戻そうとした電車の運転手さんが事故を起こし
たくさんの人が犠牲になった。
そのニュースを見て、時刻表どおりに来るのがあたりまえという
日本人の感覚も事故の原因のひとつかもしれないと思うとともに
あの日のハワイのバスの中のあったかな光景が浮かんできた。
スポンサーサイト




Over The Rainbow

2008/10/28 22:42 ジャンル: Category:ハワイの語学学校
TB(0) | CM(2) Edit


MrSpidermangirlさんより、お借りしました。

ハワイにはよく虹がでる。
シャワーのような雨の後に、ダブルレインボーを見ることも珍しくない。

ハワイアンのIZが歌う"Over The Rainbow"を聞く度にハワイの風と匂いを感じる。
”ER”の中で、DR.Greenが臨終の地にハワイを選び
IZのこの曲を聴きながら、息を引き取る場面では号泣した。



3年前に学生ビザで入国したため、語学学校に入学した私は
この番組の再放送を見るため、授業に遅刻していった。
号泣したため、眼がまっかに腫れていた私に
先生も他の生徒もいたく気をつかっているのを感じた。
一緒の学校に通っていた夫が、TVを見たくて遅刻する妻のために
ちょっと具合が悪いので妻は遅刻すると伝えていたのだが
毎朝、仲良く登校する熟年夫婦が別々に来て、しかも妻の目はまっか・・・
皆、けんかしたに違いないって思っていたらしい。
ペアを組んでのフリートーキングの時にスイス人のジェシカが
”大丈夫?、色々あるから人生”とか言って、気をつかってくれることにたまらず
真実を話したら、大笑いして、皆にむかって
”みんな、心配しなくて大丈夫!”と、ばらしてしまった。
学校で最高齢のジジババ夫婦に皆、とても優しかった。

ハワイの虹とともに、若い同級生達を思い出すこの曲。
 
♪Somewhere Over The Rainbow ♪
Skies are blue
And the dreams that you dare to dream
Really do come true





ハロウィンの思い出 in Hawaii

2008/10/27 19:10 ジャンル: Category:ハワイ
TB(0) | CM(0) Edit

photp
もうすぐ、ハロウィン・・・
日本もハロウィンで盛り上がるようになったようで
2年前に帰国した時は驚いた。

我が家の初めてのハロウィンはハワイ。
その日は学校の先生もドクターも、スーパーの人も何かしら仮装をするのがお決まり。
びっくりしたのは、銀行。窓口の人がふりむいた途端、口から血がたらりとした跡。
その顔でにこやかに ”May I help you?"と言われ
思わず悲鳴をあげそうになった。

夫も、日本企業なのに、そして言われてもいないのに
ゴリラのマスクと毛だらけの手袋で会社に行った。
ただ、ハワイの気候を考えていなかったのが問題。
ゴムのマスクで蒸れてしまって、夫の顔は
次の日もハロウィンだった・・・

写真は2回目のハロウィンの時。
サンタとパーデンネン(懐かしい!)の間にいる
オカマのハワイアンのおばさんが,マスクはダメと学習した夫。
その前に立っているのが、パンプキンになった可愛かった(過去形)息子である。
私は、写真を撮る人だった。

ハワイに滞在中、毎年ハロウィンを楽しんだが
配るお菓子も、学校から個別包装してあるものだけと
手紙がきたり(毒がはいっていた事件があった)
次の年は、配られたお菓子は食べないようにとか年々ぶっそうに
なっていった記憶がある。

夫の仮装が家中で一番、力が入っていた。
一度、私が意見したら、すねて、”もう、オレは仮装はしない。
パーティにも呼ばれても行かない!”と言ったくせに
当日になったら、息子や私より、念入りな仮装でパーティに現れた。
事のいきさつを知っている私の友人たちに
”パパ、一番、力はいっているじゃない!”とからかわれたのであった・・・

Happy Halloween !













Don't Worry, be Happy !

2008/10/26 22:49 ジャンル: Category:ハワイ
TB(0) | CM(0) Edit

今から、20年以上前のこと。
突然の海外転勤の辞令。息子の幼稚園が決まったばかりだった。
でも、転勤先は楽園といわれるハワイ!
不安とか心配はなく”ラッキー!”としか思わなかった。

母と息子は、歩いて5分のビーチのおかげで、ハワイに着いて3日目でまっくろ。
着いてすぐに仕事のJapanese Businessmanの父は、時差と疲れで青白い顔。
ダイヤモンドヘッドを眺めながらの朝食。
気持いい貿易風に吹かれながらの昼寝。
アメリカのステーキ肉の大きさに喜ぶ夜。

Don't Worry, be happy !のハワイでの生活がこうして始まった。




アンシャンテ

2008/10/23 12:51 ジャンル: Category:日本
TB(0) | CM(0) Edit

アロハ&ボンジュール!

そして、アンシャンテ・・・(はじめまして)
2年前にハワイへの永住計画に失敗し、帰国。
その後、親戚も友人もいない見知らぬ土地で雑貨カフェをオープン。
この不景気の嵐のなか、お店のPRのためにHPを作成せねば!
とほんとの意味でも重~~い腰をあげた私。

思ったより、面白い作業にいい気になった50代のおばさん。
”ブログも書いてみようかな”
ハワイとパリでの思い出話をボケないうちに残しておこう。
そして何より、この作業がボケ防止!

プロフィール

mmeapresmidi

Author:mmeapresmidi
50代前半・1夫1息子あり
 ↑
(きずいたら、50代後半どころか還暦に近くなっていた!)

海外TVドラマと雑貨と紅茶好き

コメント大歓迎!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
QRコード
QRコード